建設もその他の職も人生の幸せGETのためにある|求人利用のコツ

男性

面接と確認事項

男性

建設の現場では未経験者優遇ということもあるので、気になった求人があればどんどん応募してみると良いです。基本的にどんな仕事でも求人は履歴書を提出し、面接を行なうことになります。場合によっては試験も組み込まれることがあります。履歴書には高校卒業からの経歴を記載することになりますが、施工管理技士の場合免許状のコピーを求められることもあります。書類で求められていることがあれば必ず不備をすることなく作成することが大事です。
面接の時は誰でも緊張するものです。求人に応募するときはどんな面接が為されるのか想定した上で心構えを準備しておくと良いです。どんな求人でも共通した注意点やコツがあるので、あらかじめチェックしてシュミレーションしておくと良いです。

建設業に関わる人であれば持っている資格についてはしっかりと把握しておく必要があります。今まで経験してきた中で得意であり、今後関わりたい仕事があるのであればしっかりとアピールすることが大事です。建築や土木ではいろんな仕事があるので、明確な目標があった方が仕事も依頼しやすいです。このため、今までの経歴を履歴書といった書面だけでなく、口頭でもアピールできた方が良いです。
また、応募するときは正社員なのか派遣なのかを把握する必要もあります。紹介所で募集されていることもあり、そこからの派遣ということもあります。たいてい建設の現場では一つの仕事場で働く期間は6ヶ月ということになります。紹介所では建設業者の正社員の募集を仲介していることもあるので注目です。